【新刊!】

名古屋芸術大学附属クリエ幼稚園編『保育のまなざし』第6号(平成30年度研究紀要)

 

<テーマ>

意欲を発揮して取り組む子どもの育ち(1年次)

~「やってみよう」とする子どもの姿を引き出すための援助のありかたを探る~

 

愛知サークル会員の鎌倉博先生が園長を務めている幼稚園の研究紀要が刊行されました!

1冊500円です。

★購入希望の方は「愛知県北名古屋市熊之庄射矢重95番地 名古屋芸術大学附属クリエ幼稚園」(0568-24-0324)までご連絡ください。

 

[2019.7.21]


【新刊!】

NPO法人見晴台学園大学(※)編『発達・知的障害者の大学教育研究』第2号

 

※(法定外)見晴台学園大学は2013年に開校した、特別な支援を必要 とする青年たちが「自分と自然との共生」「自分と社会との共生」「自分と他者との共生」を目指す新しい学びの場です。

 

<目次>

第1部 論文

◆文部科学省の生涯学習支援政策と見晴台学園大学の課題(田中良三)

◆音楽を通して学ぶこと―“聞く”から“聴く”へ―(黒田昭子)

◆特別なニーズのある学生への教育支援― 一人ひとりに合わせた教育づくり ―(古山萌衣)

◆3人の学生と語り合った世界の様子、身近な話題―「平和と社会」の授業の様子―(山田清文)

◆オープンカレッジを長期的継続的に取り組むための今日的課題― 愛知県立大学・東北大学の事例を手がかりとして―(寺谷直輝)

◆アメリカ合衆国の大学における知的障害学生の自己決定に関する研究(水野和代)

第2部大学彙報

第3部シラバス

 

愛知サークルの山田隆幸会員・寺谷直輝会員が関わっている(法定外)見晴台学園大学の研究紀要が刊行されました。

1冊1,000円です。

★購入希望の方は見晴台学園大学(052-355-6752)までご連絡ください。

 

※見晴台学園大学のHP⇒【こちら

[2019.7.21]


行田稔彦・渡辺恵津子・田村真広・加藤総一編編著(2018年8月)

『希望をつむぐ教育―人間の育ちとくらしを問い直す』生活ジャーナル(2,000円+税)

 

★愛知サークルの会員も多数執筆しています★

 

☆ご注文の案内ページは【こちら】になります☆


月刊『生活教育』

 

★ 定期購読の申し込み→ http://nisseiren.jp/orderform/magazineform.html


竹沢清(2005)『子どもが見えてくる実践の記録』全障研出版部

ISBN:978-4-88134-244-2

竹沢清(2000)『教育実践は子ども発見』全障研出版部

ISBN:978-4-88134-293-0

田中耕治編(2010)『実践を語る 子どもの心に寄りそう教育実践』日本標準

ISBN:978-4-8208-0455-0

中野光・行田稔彦・田村真広編(2006)『あっ!こんな教育もあるんだ 学びの道を拓く総合学習』新評論

ISBN:978-4-7948-0704-5

行田稔彦・小川修一・田村真広編(2008)『いのち輝く つながりが生んだ本物の学び』ルック

ISBN:978-4-86121-079-2

鎌倉博(2013)『きらめく小学生 自由な教育の中で育つ子どもたち』合同出版

ISBN:978-4-7726-1136-7

原清治・春日井敏之・篠原正典・森田真樹監修(2018)『生活科教育』(新しい教職教育講座 教科教育編5)

ISBN:978-4-623-08201-8